スギヨロ

YOLO-人生一度きり

イスに座り続ける危険性が怖すぎる!!

おはようございます。こんにちは。こんばんは。スギです。

 

今年に入ってイスに座って作業をする時間がとても増えました。

 

1日のほとんどをイスに座っているので、最近腰に何か違和感を感じます。

 

そんなに重い症状とかにはなってはいないと思うが念のため、イスに座り続けるとどうなるのか調べてみました。

 

そしたら、イスに座り続ける危険性があまりにも怖すぎたので、それを記事に書こうと思います。

 

f:id:sugi18:20170304181126p:plain

 

 

1日に6時間以上座っている人は危ない

 

1日に6時間以上座っている人は危険です。

 

1日に6時間以上座っている人は心臓病になる可能性が64%以上高まり、寿命が7年縮まります。また、がんになる可能性も上がります。

 

このような研究結果がヨーロッパやアメリカから発表されています。

 

 

座ったら体にどのような変化が起こるのか

 

背中の痛みや肩こりはもちろん、座るとすぐに運動量が減ります。

 

運動量が減ると消費率カロリーも減り、その値は1cal/分になります。

 

そのせいで筋肉が脂肪を消化しにくくなり、脂肪が増えます。

 

イスを座り続ける生活を長年やっていると、コレステロールの低下にもつながります。

 

 

改善策

 

対策は2つあります。

 

1つは、1時間に1回は立つこと。

 

イスに座って仕事をする人、イスに座ってテレビを見る人は、1時間に1回は立ちあがって少し休憩をとりましょう。

 

1時間に1回休憩することで、さっき書いた座ることで起こる弊害をかなり軽減されます。

 

2つ目は、1日に30分体を動かすこと。

 

この体を動かすとは、野球やサッカーなどのスポーツじゃなくてもいいです。

 

ウォーキングや掃除などの軽く体を動かす動きで十分です。

 

また、一気に30分体を動かすことができない場合は、10分単位で区切ったり、秒単位で区切ったりしてもかまわないです。

 

 

参考にしたサイト

www.lifehacker.jp