スギヨロ

YOLO-人生一度きり

ONEPIECE勝利学のレビュー

 

きましたーーー!!(パフパフ♪)

記念すべき初めてのレビューブログ

 

 

 

今回レビューするものは、、、

 

 

しゅるるるるーーー、ぶっしゃーん

 

 f:id:sugi18:20170310192448j:image

 

ONEPIECE勝利学(ロボット声)

(イエーーーイ)

 

 

小学生のときからジャンプを読みはじめ、単行本はもちろんDVDまでもっていてキャプテンクロのことをクラハドールと呼ぶくらいのファンである

 

 

 

 

 

 

実際は普通のワンピースファンで、この本もわざわざ買ったのではなく家にたまたまあったので読んで見ただけ

 

 

動機は何であれ、読んでみたのでレビューしてみたいと思う

 

 

 

作者は東海大学海洋学部教授の山田吉彦さん

 

 

目次

  • はじめにー4
  • ワンピースとはなにかー7
  • ワンピースのモデルになった人たちー63
  • ワンピースに学ぶ勝利への航海ー133
  • あとがき-188

 

目次の横に書いてあるのはページ数

 

 

この本のタイトルは「ONEPIECE勝利学」

 

目次を見てわかると思うが、「ワンピースに学ぶ勝利への航海」は133ページから188ページまで

 

 

勝利学を知りたい人には物足りない感じがする

 

 だが、「ワンピースに学ぶ勝利への航海」はワンピースを通して、人生で大事なことが書いてある。

 

 

それ以外は麦わら海賊団の役割、「海賊王」の意味などワンピースの世界観を深く追及している。

 

キャラクターの考え、性格などを、どこのあのシーンを使って解説しているので、何となくしかワンピースを知らないにわかは理解できない部分があると思う。

 

 

そもそもワンピースは伏線がすごく、しっかりと読んでいないと話の全てを理解するのは難しいマンガ。

なので、現れた敵と戦うただのバトルマンガだと思ってる人は読むのには、この本を読むのをおすすめしない。

 

 

 

あと世界史を知らない人は、本の内容全てを読んで満足することはない

 

 

なぜなら特に2章「ワンピースのモデルになった人たち」は世界史のオンパレード

日本史しか知らない俺にとっては、世界史の勉強をワンピースを通して勉強している気分だ

 

 

 ちなみに本の厚さはキャンパスノート約2冊分

 

 

 

まとめ

 

勝利学を知りたい人は立ち読みで3章を読むだけで十分

 

ワンピースの世界観を深めたい人は1、2章

 

ワンピース好き、世界史好き、勝利学を知りたい人は買え

 

 

 ワンピース好きな人とお話がしたいな〜