スギヨロ

YOLO-人生一度きり

野球漫画「メジャー」の名言から学んだこと

【SPONSORED LINK】

 

 

f:id:sugi18:20170321181640p:plain

出典: mgzs.seesaa.net

 

 

メジャーとは

主人公である茂野吾郎の半生を描いた作品で、彼の成長とともに所属するチームを情熱で突き動かし、チームが一丸となって目標に向かって前進していくのが、本作の基本的なスタイルである。

「友情」や「努力」といった少年漫画として普遍的なテーマを扱いながらも、それにより主人公や家族が不幸になることはないという、サンデーの独自性が出た作品として「家族」「逆境」もまた、本作の重要なテーマになっている。「逆境」は乗り越えられる主要テーマの一種であるため、吾郎の入団するチームは何かしらの問題を抱えた弱小チームであることが多い。

 https://ja.wikipedia.org/wiki/MAJOR

 

 

 

 

 

できるかできないかじゃねぇ。男ならやるかやらねぇかのどっちかしかねぇだろ

 

 

できるかできないかで決めるよりも、やるかやらないか。

やってできないのと、やらないでできないのでは、意味が全然違います。

 

 

他人にやらされたてた練習を努力とは言わねぇだろ。

 

 

やらされていると感じている間は、人間的な成長はないでしょう。

これはスポーツに限った話ではなく、勉強や仕事にも言えるのではないでしょうか。

 

 

後先考えずに行動するのは、俺の病気でね。

つーか、今日できることを今日やらないやつは、明日になったってできやしねぇんだよ。

 

先のことを考えるあまり、今やらなければいけないことをおろそかにしたら本末転倒。

今できるその瞬間がやるべき瞬間なのです。

 

 

 

お前の傷はすぐに治っても、長い間イジメられた小森の傷は、一生消えないかもしれねぇんだ

 

イジメというのはイジメる側は冗談でも、イジメられる側はいつも本気です。

自分は冗談のつもりでやっていたことが、もしかしたら相手にとっては嫌な思い

をしているのではないかと、思うようになり、自分の行動には注意しています。

 

 

 

追いかけずに後悔する夢はあっても、

たとえダメだとわかってても、俺は、追いかけて後悔する夢なんてこの世にはねえと思うぜ!!

 

 

これを読んで、今までやらないで後悔するものはあるけど、やって後悔したことはないなと改めて思いました。

やって後悔する人は中にはいると思いますが、それは最後までやりきってないんじゃないでしょうか。

 

 

 

何になるかを知りてぇんだ

今度は何か違うんだよ

きっと中途半端に投げ出しても何も見つからねぇ!!

俺は今ここでがんばらなきゃ、多分一生何も見つからねえような気がするんだよ!!

 

「その人が一番輝いているときは、過去や未来ではなく”今”」と誰かが言っていました。

何をやるにしても中途半端からは何も生まれないし、今頑張ることができなかったら、これから先頑張ることはできないでしょう

 

 

 

 

 

野球を全くやったことのない人でも楽しめるマンガです。(自分がそうでした)

 

女性も読んでいる人が多いので、男女問わず面白いのでオススメです