読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スギヨロ

[-yolo-人生一度きり]自分の考えや経験をアウトプットするためにブログを書いています。

僕のブログはゴミカスうんちょ

 

f:id:sugi18:20170420143758p:plain

ブログを始めるようになってからは、色んな人のブログを読むようになってきたんだけど、色んな人のブログを読むたびにいつも思うのが

 

「自分のブログ糞やん」

 

 

 

僕が読むブログはどれも

  • 文章書くの上手い
  • わかりやすい
  • おもしろい。

なんですか吉野家の「うまい、安い、早い」みたいな感じ。うらやましい。。。

 

 

その点僕のブログは、

  • 文章を書くの下手
  • 書いていることが理解不能
  • 人のためになることも書いていない
  • 文字数が少ない
  • 内容が薄い

 

なんですかこの五箇条は。ロイヤルストレートフラッシュが出せるわけでもなく、エクゾディアを召喚できるわけでもない。

何もうれしくないんですけど。。。

 

 

なんでこんなにだめなのか。

 

そもそも昔から文章を書くのは苦手だった。

 

 

小学6年生のころ、親を卒業式に招待する手紙を書くことになった。

 

小学6年生にもなれば知識と教養がそれなりにある年頃。

みんな今まで育ててきてくれたことに対しての感謝の気持ち、そして卒業式に出席して欲しいということを10分ぐらいで書き終えた。

 

だけど、僕は文章を書くのは大の苦手だったので手紙を書き終えるのに何日もかかった。

普通の小学6年生はすぐに書くことができるのだが僕にはそれができなかった。

 

 

周りの子は「今まで育ててくれたありがとう。今度小学校の卒業式があるのでぜひ来て下さい」という手紙の内容を書いていたが、

僕は「もうすぐ卒業します。ここまでくるのに色んなことがありましたね。嬉しいこと。悲しいこと。楽しかったこと。嫌だったこと。」以上という内容。

 

 

 

・・・・・。

 

 

 

 

は?

 

 

 

 

意味不明なんだけど。

 

 

 

最後まで書きたいことが書けないまま、そして親からしたら意味不明な手紙を小学6年生という年頃で書きました。

 

 

てか今思うとなんだよここまでくるのに色んなことがありましたね。嬉しいこと。悲しいこと。楽しかったこと。嫌だったこと。」って。

 

カッコつけすぎだろ!!(笑)。てか最後まで書けよ!!

 

 

 

 

そして小学校を卒業して約8年経った今。

 

 

 

 

 

糞ガキから糞ガキになりました。

 

 

 

ご覧の通り何も変わっていません。