スギヨロ

YOLO-人生一度きり

隠れた名作「アイシールド21」

【SPONSORED LINK】

 

f:id:sugi18:20170425141558j:plain

 

週刊少年ジャンプで連載していたアメリカンフットボール漫画「アイシールド21」。

作画は世界中で人気漫画「ワンパンマン」を描いている村田雄介さんです。

 ワンパンマンも面白いのでお勧めです。

f:id:sugi18:20170425141044j:plain

 

 

 

 アイシールド21のあらすじ

私立泥門高等学校に通う気弱な 高校1年生、小早川瀬那(以下セナ)は入学早々に不良たちに絡まれる。

セナは不良たちから逃げるため、幼稚園のころからパシリで鍛えられた黄金の足を使って駅まで爆走する。

その走りを見ていた泥門高校アメフト部主将蛭間妖一(以下ヒル魔)は、セナを強制的にアメフト部に入部させる。

そしてセナは選手登録名「アイシールド21」として春季大会に出場する。

アイシールド21とは、名門ノートルダム大学付属中が生んだ100年の伝統。世代の最強ランナーだけが掲げるエースナンバーのこと。

 

足の速さしか取り柄のない主人公が、チームとともにクリスマスボウル(全国大会決勝)を目指し、最後は日本代表として世界の人と試合をして話が終わります。

 

 

アイシールド21の面白いところ

 

アメフトを知らなくても読める漫画

 

f:id:sugi18:20170425170433p:plain

アメフトを知らない人でも楽しんで読める漫画です。

主人公がまったくのアメフト初心者なので、話が進んでいくたびにルールを覚えていきます。

 また、ルールが理解できなくてもなんとなく雰囲気で読み進めることができてしまいます。

 

 

リアルなキャラクターのストーリー

f:id:sugi18:20170425173326p:plain

 

スポーツならではの苦悩や葛藤、挫折が描いています。

スポーツをやってきた人には共感する部分が多いのでは。

 

主人公のチームだけでなく敵チームのキャラクターそれぞれにストーリーがあり、ついつい主人公のチームだけでなく相手チームを応援したくなってきます。

 

 

名言がかっこいい

 「アイシールド21 名言 蛭魔」の画像検索結果

 

アイシールド21の名言はどれもかっこいいです。

特に裏主人公のヒル間は名言製造マシーンです。

 

 

まとめ

 

アイシールド21はスポーツ漫画ですが、他のスポーツ漫画と少し違うところがあります。

それは、努力で超えられないものは存在するということ。

 

努力をすれば必ず報われる、勝てるわけではない。

どんな世界にも努力や戦略でも超えられない壁は存在する。

じゃあ何のために努力するのか。

その答えは人それぞれだし、作中の各キャラクターが悩んで答えを出しているという漫画。

 

ただ試合をして勝った負けたという話ではないところが、他のスポーツ漫画と違うところでいいところだと思う。

なので、スポーツをしている人にはおススメしたい漫画の一つです。