スギヨロ

スギがYOLO(人生一度きり)をモットーに書くブログ

【ヒカキン密着24時】これが本当の『努力』なんじゃないかな

【SPONSORED LINK】

f:id:sugi18:20170501221925p:image

 

YouTubeを見ている人ならご存知であろうヒカキン氏。

先日『ヒカキン密着24時~YouTuberの裏側~』という、ヒカキン氏のある一日が分かる動画がアップされました。

 


ヒカキン密着24時 〜YouTuberの裏側〜

 

 

 

【SPONSORED LINK】
 

ヒカキン氏のとある一日

AM2:48 「ヒカキン密着24時~Youtuberの裏側~」の撮影

       (1時間仮眠済み)

       ヒカキンTVの編集作業に取り掛かる

 

AM4:00 朝ごはんを食べる

 

AM5:00 目覚ましテレビスタジオ出演があるため、お風呂に入りスタジオへ向かう。

 

AM7:00 生放送出演

 

AM7:46 生放送終了

 

AM8:30 帰宅

 

AM9:00 洗濯をし終わった後、部屋の掃除、事務作業など片付けをする。お昼からオセロニアのゲーム実況撮影。そして終了。

 

PM1:33 オセロニアの編集開始

 

PM5:08 編集完了

 

PM5:55 動画公開

 

PM6:00 青鬼撮影開始

 

PM6:29 編集開始

 

PM7:18 編集完了

 

PM7:46 青鬼アップロード完了

 

PM8:00 モンスト撮影開始

 

PM8:33 モンスト撮影完了

 

PM9:00 マッサージ

 

PM11:30 帰宅

 

AM0:45 モンスト編集開始(帰宅してから編集するまでの間に夜ご飯を食べる)

 

AM1:45 モンスト編集完了。「ヒカキン密着24時~Youtuberの裏側~」の編集開始

 

AM2:48 編集完了

 

 

 

これを見て『いやいや、どんだけ働いているねん』と思わない人はいないでしょう。

 

部屋の掃除とマッサージ以外の時間は、動画の撮影と編集そしてテレビ出演。

そこらへんのブラック企業並みに働いています。

 

確かにYouTuberは会社に行って仕事をするよりいい面があります。

好きなときに仕事ができる

人や会社に縛られない

満員電車に乗らなくていい

 

こう見ると、『え?これならずっと働いても苦にならなくない?』と思うかもしれません。

 

けどYouTuberでお金を貰って生きていくのもそれなりに大変なのです。やったことないから分からないけど。

 

よく耳にするのが

収入が安定しない

自分が頑張らないと結果が出ない

頑張ってもお金が貰えるとは限らない

人から批判される

全て自分で管理しなくちゃいけない

 

YouTubeならYouTube。会社なら会社なりに大変なことがあるので、『YouTubeだから楽』ということはないです。

 

ここまで働く必要はあるのか

YouTubeは稼げるといわれており、ヒカキン氏ぐらいのトップクラスだと年収数千万、もう一生働かなくてもいい、と噂されるぐらい稼いでいます。

 

もうそんなに稼いでいるのであれば、動画投稿をやめる又は動画更新の頻度を落としてもさほど問題はないと思います。

 

けど、ヒカキン氏は動画投稿をやめたり更新頻度を落とすことなく、毎日動画を投稿しています。

 

 

さらにヒカキン氏も動画内で言っていましたが、『Youtuberの一日というのは意外と地味という印象を受けました。

 

数分から十数分の動画内で自分の楽しいことをしてお金をたくさん貰う。

Youtubeを見る側の人間としては、Youtuberというのは動画内で派手なことやおもしろいことをしているため、動画外でもそれと同じような生活を送っているのだろうと勝手に思い込んでしまうものかもしれないです。

 

ですがこの動画を見て分かる通り、楽しそうに見える動画撮影は30分程度。地味そうに見える動画編集は、動画撮影の倍以上の時間を費やします。

 

 

ヒカキン氏に失礼ですが腐るほどお金を稼いでいるにも関わらず、なぜここまで地味な生活を送っているにか疑問を持ちます。

 

【SPONSORED LINK】
 

ヒカキン氏はこの生活を何年もやっている

驚くべきことに、Youtubeを始めてから365日動画を撮って編集をする生活を何年もやっているというヒカキン氏。

 

このようなストイックな生活を望んで送っているのではないだろうと思っていましたが、以前ヒカキン氏は『好きで動画を撮影して編集している』と答えたのをどこかで見たことがあります。

 

その言葉を思い出してとき、『あ、そうか。ヒカキン氏は動画を撮影したり編集したりするのが心の底から好きなんだ』と思いました。

 

だって本当に好きじゃなかったらこの生活を何年も続けることはできないです。

 

努力を『努力をしていると思わない』

好きなことをしているときって、他人から見たら努力をしているように見えるけど、本人からしたら努力をしているつもりはないっていうことがあります。

 

僕はある意味これが本当の意味での努力であり、ヒカキン氏はその努力をしているんだと思います。

 

だってこんな生活普通の人からしたらおかしいと思うのが普通ですよね?(笑)

好きという気持ちが強ければ強いほど、周りから見たら異常に見え、異常だからこそヒカキン氏は好きなことを仕事にできたのです。

 

他の人から見たら異常と見える遊びや趣味を持っている人は、もしかしたらそれが仕事になるかもしれませんね。