スギヨロ

YOLO-人生一度きり

大学に行かなかった理由

【SPONSORED LINK】

 

f:id:sugi18:20170509225526p:plain

このブログを読んでいるみなさん。

こんにちは。こんばんは。おはようございます。

スギ(https://twitter.com/suuuugi18)です。

 

僕は高校卒業後、大学には行かず語学留学をしました。

 

なぜ大学には行かず語学留学をしたのか。

今回はそれを書いていこうと思います。

 

 

 

 

日本の大学に行く価値を見出せなかった

手を当てて考える男性

まず僕は日本の大学に行く価値を見出せませんでした

 

大学とは本来「自分の学びたいものを学ぶ」「もっと深く勉強する」などの理由で行くものだと思います。

 

ですが僕の思っていた大学は、

  • 友達と遊ぶ
  • サークル
  • バイト
  • 長期休みには旅行。

というイメージ。

とにかく大学生は自由で遊べるというイメージが高校生のときはありました。

 

また、大学に行く人たちは

  • 「みんなが大学に行くから行く」
  • 「なんとなく行く」

という理由で大学に行く人がほとんどです。

 

僕は、このような環境に親から多額のお金を払ってもらってまで、大学に行く価値はないと思いました。

 

「大学の環境や人のせいにするな」、「自分次第で有意義な時間は過ごせる」と言われそうですが、他にも大学に行く価値がないと思うところがあります。

 

 

 それは大学の授業が無意味だと高校生のときに思ったからです。

 

大学の授業は実践的に使えないものだと思っていました。

ですがこれはあくまでも想像。実際に体験していないので本当はどうなのか分かりません。

 

なので、実際に大学に行っている友達に聞いたり、友達の大学に忍び込んで授業を受けてみました。

結果、自分が想像していた通りでした。

 

高校生の授業とあまり変わりませんでした。

これなら自分で本やネットを使って勉強した方がマシだと思いました。

 

 

 要するに、わざわざ高いお金を払ってまで学ぶことじゃないと思いました。

 

 

英語を話せるようになりたかった

 

高校3年生のとき。

実のところ、元々は大学に進学するつもりでした。

本当は大学に行く意味はないと思っていながらも、人と違うことをするのが怖かったので「経営学に興味があるから経営学に定評のある大学に行く」という最もらしい理由で、大学に行こうとしていました。

 

だけどある日、父親から「このままでいいの?」と言われたとき、もう一度自分の進路についてよく考えました。

そのとき小さいころ「英語を話せるようになりたい」という夢が再び蘇ってきて、

「じゃあ留学しよう!!」と思いました。

 

大学に行っても留学はできるし、日本で勉強すれば英語は話せるようになります。

ですが、さきほど書いた通り大学に行く価値はないと思ったので、大学進学をやめて留学をしました。

 

 

 

 

最後に

以上僕が大学に行かなかった理由でした。

 

自分で考えた結果、大学に行く方がいいと思って大学に行くのはいいと思います。

ですが、なんとなく決めたり、周りに流されて決めたことは絶対に後悔します。

 

自分の将来、進路は自分で決めましょう。