スギヨロ

スギがYOLO(人生一度きり)をモットーに書くブログ

【出てこない人向け】人生でやりたい100のリストの作り方やコツ

【SPONSORED LINK】

 

www.sugi-yolo.com

 

やりたいことを10000個書き出そうとしても、なかなか出てこないと思います。

そんな人向けに、やりたいことを見つける方法やコツを書いていきます。

 

以下の通りにやれば10000個なんて余裕です。

 

 

ありえないことでもいい

やりたいことは何でもいいんです。例えそれがどんなにありえないことでも。

「ガッキーとデートする」とか「レッドカーペット歩きたい」とか。

 

自分は、「しゃべくり007に出る」とか「戦争をなくす」などと書きました。

ありえないですよね?自分でもできると思っていません。

でもこれが僕のやりたいことなんです。

 

できるできないはひとまず置いといて、どんなことでもいいから自分のやりたいことをまず書いてみましょう。

 

どんなに小さなことでもいい

さっきと同じでどんなに些細なことでもいいから書いてみましょう。

 

「パソコンを買いたい」とか「服を買いたい」など、やろうと思えば今すぐできそうなことでもいいです。

 

好きなものを考える

自分が好きなものが何か考えるときは、

  • 子供のころ楽しかったこと
  • 何をしているときが一番充実しているか
  • 何をしているときが時間の流れを早く感じたか

を考えるといいです。

 

好きなことがないって思ってても、絶対に一つは自分の好きなことがあるはずです。

外で遊ぶのが嫌いな人は、家で何かをするのが好きなはずです。

 

 

ジャンルに分ける

「仕事」「人間性」「体験」などジャンルを作ってみて、それぞれどんなことをしたいか考えてみます。

 

仕事なら「どんな仕事をしたいか」「いくら稼ぎたいか」

人間性なら「優しい人になりたい」「自分に素直になりたい」

体験なら「小栗旬に会いたい」「スカイダイビングしたい」などなど。

 

最後に

「やりたいこと」ってほぼ夢と同じようなもんです。

だけど大人になるにつれて現実の厳しさを知ったり、周りから批判されたりして夢を持ちにくくなってきます。

だから、やりたいことが10000個出てこないんです。

 

そんなときは世間の目や常識など考えず、何もかもが希望に溢れている子供の気持ちになって考えれば、やりたいことはたくさん出てきます。

 

そうなればやりたいこと10000に収まりません。

200個300個とまではいかないと思いますが、10050個ぐらいまでは出てきます。

 

でもやりたいことをたくさん見つけるだけではだめです。

やりたいことはやらなきゃ意味がありません。

 

作ったやりたい10000のリストは生きているうちにやらないと!!