スギヨロ

スギがYOLO(人生一度きり)をモットーに書くブログ

頑張ってバイトで稼いだお金をよくそんなに使えるね

【SPONSORED LINK】

 

僕はアルバイトが大嫌いです。

 

 

アルバイトが嫌いな理由

アルバイトで働いている時間はとにかく辛く、早く時間が過ぎてくれないかなといつも思っています。

 

なんでこんな風に思うのかなと考えとき、何かの本に「仕事は労働をしてお金をもらうのではなく、自分の時間を使ってお金をもらっている」と書いてあったのを思い出しました。

僕はまさにそれだと思いました。

 

つまりお金はもらうものではなく自分で稼ぐもの。

どうも時間を捧げてその対価としてお金を貰うことが仕事だと勘違いしていたらしいです。

 

お金を使うときは一回考える

お金を使うときはいつも、「これはバイトで貰ったお金で払う価値があるのか」といつも考えます。

 

だってあんだけ長い間辛い思いをしたのにお金を使うときは一瞬です。

時給が1000円の場合、500円の牛丼を食べたら空腹は満たされますが、30分我慢して働いた分のお金が一瞬でなくなってしまいます。

 

こう考えるとほとんどのものが、お金を使うのに割りに合わないと僕は思います。

 

 

みんなよくそんなに使えるね

アルバイトをしている友達はよくお金を使います。

そりゃあお金は使うためにあるもので、ただ持っているだけでは意味がないってのは分かります。

 

それにしても「よくそんなに気軽にお金使えるなー」っていつも思います。

 

 中には本当に必要なもの、買いたいものかもしれませんが、「絶対それ必要ないでしょ」や「これ気持ちに流されたな」って思うことがよくあります。

 

僕と同じようにアルバイトをするのが嫌いと言ってるわりに、気軽にポンポンとお金を使う人が多いです。

 

たくさんバイトをしている人ほどお金を使う

これは断言できる。

たくさんバイトをしてたくさんお金を稼ぐ人ほどお金をたくさん使う。

 

「お金を惜しみなく使ってたくさん稼ぐ」って意味ではないです。

これはガチで働いている人や経営者の当てはまることです。

 

僕が言いたいのは「お金をたくさんもらうと金銭感覚が狂ってもっとお金を使う」という意味です。

初めて給料をもらったときみんな「金銭感覚が狂う」と言っています。それです。

 

みんなバイトをしていないときのお年玉って大金ですよね?

けどバイトをすることによって毎月その大金を手に入れる訳です。

それが普通と感じられるようになることを言っているんでしょうね。

 

確かにお年玉をもらったときは大事に計画的に使うのに、バイトをして給料をもらったときは感覚が麻痺して衝動的にお金を使うことがありました。

 

お金って怖いですね。