スギヨロ

スギがYOLO(人生一度きり)をモットーに書くブログ

ホリエモンの『バカは最強の法則』から学ぶ成功メソッド

【SPONSORED LINK】

こんにちは。スギ(@suuuugi1008)です!

 

昨日、ホリエモンこと堀江貴文氏の新しい本が出たのを知ったので、すぐに読みでみました!

  

感想はこちら。

 

『バカは最強の法則』は、闇金ウシジマくんとコラボしてマンガになっています。

マンガだからいって全部が全部マンガなわけじゃなく、章のおわりはちゃんと文章でおさらいとより詳しい説明が書かれているので、すぐに読める上に内容が頭に入ってきやすいです。

 

ということで今回の記事では、読んだ中で「お!これいいな!」と思ったところを紹介していきます。

 

 

小利口よりバカになれ

タイトルに「バカは最強」と書いてあるだけに、ホリエモンはとにかくバカになることをすすめます。

 

バカになってしまえばリスクがあっても挑戦します。そして失敗ができるし、失敗のダメージがないです。

 

その点小利口(こりこう)だと、リスクをとるのに躊躇したり、失敗を恐れて挑戦をすることができません。

 

なので、バカになって三振を怖れずにバットを振りまくろう!ってことです。

 

挑戦できるかどうか。失敗したあと、どれだけ早くまた挑戦できるか。

 

これができる人は成功すると思います。

 

【SPONSORED LINK】
 

カネは、信用を数値化したもの

この章では、「カネとはどういうものか」を説明しています。

 

今回その説明は省略しますが、ここで大事なのはカネは、信用を数値化したものにすぎないということ。

 

カネがなくて困っている人は、その人に信用がないことを意味します。

 

信用をどうやって得るか、いかに取り戻すかという考え方をしないとカネで困る人生はいつまでも続く。

 

なのでまずは、札束がカネだと勘違いしない。そして紙切れではなく信用を手に入れようということです。

 

会社を辞めても勤め先はいくらでもある

会社、学校、家庭などの狭いコミュニティで生きていくと、負のスパイラルに陥りやすいです。

 

そのとき大切なのは、他人に自分をこと決めつけられないこと

 

学校を辞めたり、会社を辞めたりするのが「負け」と思い込み解決策を探そうとしますが、今いる場所より外の世界に行った方が選択肢は多いし、ラクになる方法はあります。

 

もし自暴自棄になるほど悩んでいるなら、まずは自分を疑うのではなく、自分の置かれた環境を疑うべき。

 

人を精神的に追い込む環境が悪いに決まっている。

 

とホリエモンは言っています。

 

そしてこの章で「ビビビッ」とキタ文章があるので引用します。

 

才能が自分にあるかどうかなんて、やる前には誰にも分からない。

 

それどころか才能がきちんと見測れる場面までやり続けた人はどれだけいる?

 

自分には才能がないからと動き出さないのは、自分で限界を決めているもの。

 

たしかに分野によっては才能が多少は関係する。

 

だがビジネスでもスポーツでも、素晴らしい功績を挙げた人が才能だけで成功できた例は一つもない。

 

その人の工夫、努力、そして動き出した勇気が、成功の要因なのは明白だ。

 

何でもとにかく、大胆に挑戦してみることが大切。

 

やる前から才能があるかなんて考えない。やる前から自分の限界を決めない。

 

なんでも挑戦することが大事なんやでということですね。

 

他に書いてあったこと

自分で工夫しないヤツのSOSはスルー

「できない人を助けると自分も共倒れになるか、さらに今の状態より落ちるので助けるな」と書いてあります。

 

一見ひどいように思えますが、ホリエモンは、

 

  • 人は自分のやりたいことのために生きるべき
  • 相手に尽くすことは大事だが”なれ合い”とは違う
  • その場で助けても根本的に解決することはない

 

という意味があってこのように述べています。

 

・金儲けには手を出さない

どんなにいい話でもリスクは絶対にあります。

 

さきに安全策を考え危険を回避をするのではなく、リスクをちゃんと知り対処法を考え行動しよう!ってことです。

 

・ネットの情報を見極めない危うい人たち

どういう人たちが危ないのかというと、 SNSでちょっと意識高い系のポエミーな投稿を簡単に「いいね!」するような人たちのことです。

 

本心でいいことばかりを投稿する人もいますが、中には情報弱者を狙うあぶない人たちもいるので注意!

 

・惜しみなく与える

信用を得るには、見返りを求めず相手の期待を超えるなにかを与える。

 

相手が好きそうなことを調べて話をしたり、「一緒にいると楽しい」と思われるだけでも十分。

 

・人間関係を断捨離

皆にいい顔をするよりも、不要な人間関係を断ち切った人の方が信用されやすいです。

 

そして信用を得るにはとにかくギブ!相手に与え続まくる!

 

まとめ:とにかく行動あるのみ

この本を読んで「なるほどな。それにしてもいい本だったなー」でおしまいにしたら、今までと何も変わらないです。

 

せっかく読んだなら行動に起こさないと!

 

何かに挑戦したら、失敗はするかもしれませんが成功するかもしれません。

逆に挑戦しなかったら、失敗はしませんが絶対に成功することはないです。

 

さぁ、バカになって三振を怖れずにバットを振りまりましょう\\\٩(๑`^´๑)۶////