スギヨロ

スギがYOLO(人生一度きり)をモットーに書くブログ

【ペーパードライバー流】運転恐怖症の克服するたった1つの方法

【SPONSORED LINK】

 

 最近運転するのが楽しいと感じ自信がついてきたスギ(@suuuugi18)です。

だけど、早く自動運転が導入されて欲しいな…

 

僕は車の免許を取ったあとは、運転するのが怖いペーパードライバーでした。

 免許取得後は1年で10回も乗っていないです。

 

そんな僕ですが、最近は運転するのが怖いとは思わないようになりました。

どうやって怖いと思わないようになったか

 

とその前に、

 

なんで運転するのが怖かったのか

東京の運転は怖い

運転するのが怖いと思うには理由があって、それは、、、

 

 

東京で運転するの怖い!!!!

 

僕は免許合宿に行ったのですが、東京と田舎は全然違う。本当に。。。

車、バス、自転車、人、車線の数。

なにもかもが多すぎる。

 

自信喪失

運転するのが怖いと思った一番の理由

免許をとったあと、東京で運転したのですが、

標識を見ず進入禁止の道に入ってしまい、対向車とすれ違います。

そのとき、「ここは、一方通行だぞ!馬鹿野郎」と怒鳴られれ、めっちゃショボーン(´・ω・`)ってなります。

 

バックで出よう試みたら、動揺していたので2回壁に衝突してしました。

 

もうこれで完全に自信がなくなりました。

 

 

どうやって気持ちを克服したのか

対策法はたったの一つです。

それは、助手席に座ること

 

ただ、助手席に座るのではなく、「自分が運転しているつもり」で助手席に座ります。

友達や、家族の運転で助手席にひたすら座り、疑似運転を頭でシュミレーションします。

これだけです。

 

自分の場合は、車幅の感覚があまりつかめなかったので、

「車の位置がここにあったらと左側はどの位置(助手席)にいるのか」

というのを意識していました。

 

 

最後に

助手席に座り、運転するイメージをひたすらした結果、

気持ちに余裕をもって運転できるようになりました。

 

よく助手席に親に座ってもらうという方法がありますが、

親って大したことないのにいちいちあーだこーだ言いますよね。

それが苦手な人は、この方法がいいかと思います。