スギヨロ

スギがYOLO(人生一度きり)をモットーに書くブログ

大人になるにつれて時間の流れが早く感じる理由はコレだ!

【SPONSORED LINK】

つい最近までは中学生、高校生だったのに気が付いたら今は19歳。もうすぐ大人です。

中学生、高校生のときは大人なんてまだまだ先のことだと思っていました。

 

だけどこの調子じゃ、気がついたら大人、気が付いたら30歳、気が付いたらオヤジ。

そして気が付いたらいつの間にか死んでいるんじゃないかと。

 

ヤバイ。このままではヤバいぞと思い、時間の流れが早く感じる原因を調べました。

 

 

理由1:ジャネーの法則

「時間の流れ早く感じる」とグーグル先生で検索すると、『ジャネーの法則』というのが出てきました。

 

これは何なのかというと、

ジャネーの法則(ジャネーのほうそく)は、19世紀フランス哲学者ポール・ジャネが発案し、甥の心理学者ピエール・ジャネの著書において紹介された法則。主観的に記憶される年月の長さは年少者にはより長く、年長者にはより短く評価されるという現象を心理学的に説明した。

簡単に言えば生涯のある時期における時間心理的長さは年齢の逆数比例する(年齢に反比例する)。

例えば、50歳の人間にとって1年の長さは人生の50分の1ほどであるが、5歳の人間にとっては5分の1に相当する。よって、50歳の人間にとっての10年間は5歳の人間にとっての1年間に当たり、5歳の人間の1日が50歳の人間の10日に当たることになる。(wikipediaより引用)

 とwikipedia先生がおっしゃっています。

 

なんか難しいことを言っていますね。

 

つまり、『年をとればとるほど時間の流れが早く感じるということ』です。

 

『50歳の10年間は5歳の1年間にあたり、5歳の1日が50歳の10日間』ってよくよく考えたら恐ろしいですね。

 

『30代なんてあっという間だよ』なんて言う人を見ると、『嘘つけよ』といつも思っていましたが、どうやら本当にそう体感するようですね。

 

 

理由2:新しいことをしなくなる

個人的に思ったことなんですが、新しいことをしているときは時間の流れが遅く、それに慣れてくると時間の流れが早く感じます。

 

僕は語学留学をした最初の頃は何もかもが新しい体験の毎日でした。

 

初めての生活環境、慣れない英語。『早く1日終わってくれ』『あと何日で日本に帰れる』と毎日思うほど1日が長く感じました。

 

ですが1ヶ月を過ぎると、新しい経験をすることがほとんどなくなってしまい、1日1日過ぎるのがあっという間に感じました。

 

つまり人間は新しいことを体験しているときは、時間の流れが遅く感じ、それに慣れてくると時間の流れがだんだん早く感じるようになります。

 

理由3:同じことを繰り返す

小学校、中学校、高校、大学、社会人ってどれも毎日同じことの繰り返しですよね?

学生は毎日学校に行って勉強。社会人は毎日会社に行って仕事。

 

このマンネリ化は理由2の『新しいことをしなくなる』となり、時間の流れがより早く感じるようになります。

 

時間の流れを遅く感じるためには

こういうのは真逆のことをすれば大丈夫です。

 

理由1:ジャネーの法則(年をとる毎に時間の流れが早く感じる心理)

真逆:歳をとらない

 

年をとらないなんて不可能なのでこれは諦める。

(人間ときには諦めも大事)

 

理由2:新しいことをしなくなる

真逆:新しいことをする

 

理由3:同じことを繰り返す

真逆:毎日違うことをする

 

本を読んだり、人に会ったり、行ったことのないとこに行ったりと、毎日何かしら新しいことを毎日するのが、時間の流れが早く感じる対処法です。