スギヨロ

YOLO-人生一度きり

【ガンダムSEED】ガンダムって意外と奥が深いんだよなー

【SPONSORED LINK】

f:id:sugi18:20170621072916p:image

保育園の頃の将来の夢は『ガンダムになる』だったスギ(@suuuugi18)です。

(ちなみにガンダムは機械のことなので、機械になることが夢だったということです)

 

みなさん、ガンダムは知っていますか?

もっと深く言うのであれば、『ガンダムSEED』は知っていますか?

 

 

ガンダムを知らない人からしたら、ガンダムって『でっかい機械同士がただ戦うだけ』のイメージがあるかもしれません。

ですが、ガンダム(他の作品を見たことないですが)はただ戦うだけのアニメじゃないんです。

 

特にガンダムSEEDは、話がしっかりしていて意外と奥が深いアニメなんです。

 

 

ガンダムSEEDのあらすじ

 

文字の色が違うところは重要なので頭にいれて置いてください。

 

ある日、なんでもできる天才がいました。

その人は『自分は遺伝子工学をして生まれた』ことを発表。

つまり、その人は遺伝子をいじって意図的に才能を手に入れたのです。

 

そしてそのメカニズムを世界に公表したことによって、遺伝子操作された新しい人種コーディネーターがどんどん増えていきます。

遺伝子操作は法律で禁止されていましたが、自分の子は才能溢れる子がいいという親の願望を抑えることができませんでした。

 

遺伝子操作されていない普通の人間「ナチュラル」は、コーディネーターの才能に嫉妬・恐怖を覚えます。

後にコーディネーターは地球から離れ宇宙に新しい居住地プラント(スペースコロニー)を作り、政治結社ザフトを設立します。

 

ナチュラルで構成された地球連合軍は、プラントに核ミサイルを打ち込みたくさんの被害者を出します。

ザフトは対抗策として核を分裂する機械を地球からプラントに敷設しますが、それによって電子力発電が行えなくなり地球は深刻なエネルギー不足。

飢餓、災害によって数億人の死者が出てしまいます。

 

これによって戦争が激化します。

 

物量で勝る地球軍が優勢かと思われていましたが、ザフトはモビルスーツ(ガンダムみたいなやつ)を開発したことによって拮抗します。

 

ここで主人公の登場。

主人公のキラ・ヤマトは中立国のオーブに住んでいる、工学を専攻する学生です。

ちなみにキラコーディネーターです。

 

オーブは中立国なので平和だったのですが、極秘で地球軍の5機のガンダムと戦艦を作っていました。

その情報を手に入れたザフト軍は機体の奪取をしようとします。

 

平和だった日常は突然戦場へと変わり、戦場の被害から避難しようとしたキラはたまたまガンダムを製造している工場に辿り着き、地球兵とザフト兵の銃撃戦に巻き込まれます。

 

そこにいたザフト兵のアスラン・ザラは、キラの幼少頃の親友。

二人は鉢合わせてしまいます。

 

アスランはガンダムの奪取に成功。

キラもその場にいた地球軍のマリューに促され一緒にガンダム搭乗し、戦場から避難を試みます。

 

キラは戦場の場で、未完成だったガンダムのOSを瞬時に書き換えザフト軍の機体を撃退。

無事脱出しますが、戦闘はまだ続いておりガンダムを扱えるのはキラだけということで、否応なくそのままザフトと戦っていきます。

 

話が長くなってしまいすみません。

wikipediaに載っているものを、できるだけ簡単に分かりやすく説明したつもりですが、分かりにくかったり、もっと詳しく知りたい人はwikepediaをご覧ください。

 

 

話のテーマ

ガンダムSEEDの話のテーマは『非戦』です。

非戦とは、『戦争反対』『戦争をするのは良くない、やめよう』ということですね。

 

ガンダムがただ機体が戦っているだけのアニメだと思っていた人は、意外なテーマだと思ったかもしれません(笑)

 

日本は戦争をしていないので、戦争のことを身近に感じづらく深く考える機会があまりないです。

なのでこのアニメを見ると戦争のことについて考えるようになるので、教育の一環としてガンダムSEEDを見るのは全然アリです。

 

続編のガンダムSEED DESTINYのプロデューサーの竹田さんは、『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』を観ることで「視聴者が世界情勢を少しでも自分の身にひきつけて考えてもらえるようになれば」とも語っていましたので、ガンダムSEED DESTINYもおすすめです。

wikipediaより参照

 

『遺伝子操作』と『戦争』

 

主人公のキラはコーディネーターですが地球軍側という複雑な立ち位置です。

 

  • 地球軍だけど同胞(コーディネーター)を倒さなきゃいけない
  • 敵のアスランは親友なのに戦わなきゃいけない
  • キラはアスランの友達、アスランはキラの友達を殺す
  • キラの才能に嫉妬する友達
  • コーディネーターだから手を抜いて戦っていると責められる

と色々と考えさせられるアニメでした。

 

個人的には遺伝子操作はあまり現実味を感じられませんでしたが、今までのアニメにない設定で面白かったです。

 

『もし意図的に才能をもつ子が生まれたら』をうまく戦争と合わせて描かれていて、ただでさえ戦争だけでも難しいテーマなのに、いい意味でより理解するのが難しいテーマになっています。

 

最後に

つまり何が言いたいかというと、ガンダムSEEDはおすすめです!

ガンダムはこれしか見たことないですが、これだけ見ても十分に楽しめます。

 

何よりガンダムが『ただ機械同士が戦うアニメ』としか思って見ていない人達は損をしている!

 

一回でもいいから見てもらいたい。

 

今までガンダムを見たことがないという人はまずガンダムSEEDだけでも。

もしよかったら続編のガンダムSEED DESTINYもおすすめです。