スギヨロ

スギがYOLO(人生一度きり)をモットーに書くブログ

『タッチ』だけじゃない!あだち充先生のおすすめマンガ『H2』と『クロスゲーム』

【SPONSORED LINK】

f:id:sugi18:20171024160603j:plain

 

あだち充先生の作品といえば、

タッチです。


逆にあだち充先生といえばタッチしか思いつかない人もいるんじゃないでしょうか?

いやいや、他にも面白くてヒットした野球✖︎恋愛作品があるんです。

それがH2とクロスゲームです。

タッチ、H2、クロスゲーム、どれもめっっっちゃ面白いんで紹介したいと思いまーす( ^∀^)

 

 

【SPONSORED LINK】
 

タッチ

f:id:sugi18:20171024165320j:plain

(出典:タッチ)


まずはタッチ。好きなキャラクターは原田と西村です。

親が、

「昔のアイドルといったら松田聖子と浅倉南(タッチのヒロイン)だよ」

と言ったのをなぜか覚えていて「本当かよ」と思いアニメで見たことがあります。


主人公の上杉達也はいい加減で面倒くさがり。(上の画像だとたぶん右)

ダメ兄貴と比べて、成績優秀でスポーツ万能、1年生ながらチームのエースだった双子の弟の上杉和也が交通事故で亡くなったあと、幼馴染の南の夢を叶えるべく甲子園を目指す話です。


やっぱり一番の見所といえば、双子の弟、上杉和也が交通事故で亡くなってしまった後の達也のセリフですよね。

f:id:sugi18:20171024172439j:plain

(出典:タッチ)

 

きれいな顔してるだろ。

ウソみたいだろ。死んでるんだぜ。それで・・・。

 

クリリンが死んだときより、いや、もしかしたらそれ以上の衝撃があったかもしれません。

ちなみにあだち充先生は、最初から弟が死ぬ設定で「バトンタッチ」の意味を込めて『タッチ』にしたらしいよ。

あとはなんといっても、達也、和也、南の三角関係ね。

最初は和也と南がお似合いってなっていたけど、実は南は小さい頃から達也の方が好きで達也も南のことが好き。

けど達也は弟思いで、和也が死んだあと自分の気持ちを伝えません。

まぁ、最後の最後で告白するんですけどねっ(΄◉◞౪◟◉`)

そのときのセリフももちのろんで有名です。

f:id:sugi18:20171024174124p:plain

(出典:タッチ)

上杉達也は浅倉南を愛しています。

世界中のだれよりも。 

 

なぜあれだけ人気の作品だったのか読めば分かります。

とりあえずタッチは読もう(・ω・)ノ

H2

f:id:sugi18:20171024174703j:plain

(出典:H2)


後味スッキリしないけどめっちゃ面白かった作品!

親友かつライバルである国見比呂と橘英雄、そして2人のヒロイン雨宮ひかりと古賀春華。


名前の頭文字に「H」をもつ「2」人の野球✖︎恋愛の話です。(wikiをパクリました)

てか、ヒロインも「 H」だから「H4」でも良かった気がするけど。


あらすじはこんな感じ!

中学のときは強くて名の知れた国見と橘。

国見は大会後、ヤブ医者に肘が危ないと宣告されドクターストップがかかる。高校は野球部のない千川高校に進学。

橘は東京の名門・明和一高に進み、中学のとき国見の紹介を機に付き合った雨宮ひかりも一緒に明和一高に行きます。

国見は最初はサッカー部でしたが、野球愛好会と一悶着があり愛好会が野球部に昇格。肘も大丈夫と分かり野球部に入ります。

そして愛好会のときからマネージャー・古賀と甲子園を目指し、国見と橘は甲子園で対戦。

という話です。

 H2はキャラクターの個性がしっかりしているんですよね〜。

特に木根が甲子園で完投したときは感動しましたわ。゚(゚´Д`゚)゚。

f:id:sugi18:20171024203412p:plain

(出典:H2)

f:id:sugi18:20171024203450p:plain

(出典:H2)

 

最初は国見が中々野球やらないし、恋愛の気配がないからつまんないと思っていたんですが、野球部に入った途端、めっちゃおもしろくなります。

やっぱ、国見、橘、雨宮の三角関係ですよね。

橘と雨宮が付き合うきっかけになったのが国見。


けど、一気に身長が伸びた国見を見た雨宮は橘との間に揺れ動く。

国見も雨宮のことが気になりだす。

橘は国見と雨宮の仲を見て不安になる。


もう読んでて、うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁって感じですね。

あの〜、ここまで読めば分かると思いますが、もう1人の主人公の古賀はそんなに重要じゃないです。もうおまけみたいな感じなんですよね。特にラストは。

雨宮は国見と橘どっちを選ぶのか!?非常に見所です。

クロスゲーム

f:id:sugi18:20171024194809j:plain

(出典:クロスゲーム)

 
 

 

 1話で泣かせにくる作品!

スポーツ用品の息子、主人公の樹多村とバッティングセンター&喫茶店の月島家の四姉妹は幼馴染。

特に、樹多村と次女の若葉は同い年で仲良しで、三女の青葉は同じ野球をやっていたけど仲がよくない。

ある日、若葉は樹多村と夏祭りに行く約束をして学校のキャンプ行事に行くが、現地で事故にあい亡くなってしまいます。

これが1話の内容でクロスゲーム史上最大の泣けるシーンです。

アニメだといいところで絢香さんの歌が流れてきて涙腺崩壊まちがなしですね。

主人公と三女がくっつくなと予想はつくものの、恋愛描写があまりないし、途中で次女に似た登場人物が出てきてそっちとくっつくのかな〜と、なかなか展開の予想がつきにくくておもしろいです。

何かで「クロスゲームは『好き』を『嫌い』と表現した作品」と書いてあるのを見て、まさにその通りだと思いました。


「ウソついてもいいか?」からのコレですからね。

 

f:id:sugi18:20171024205205p:plain

(出典:クロスゲーム) 

 

f:id:sugi18:20171024205236p:plain

(出典:クロスゲーム)

終わり方はH2と比べてスッキリしますが、キャラがそんなに強くないんですよね。

最初はクロスゲームを読んで、十分おもしろいしキャラもしっかりしているなと思ったから、H2がクロスゲームより上回っていたってことですね。

なので読むならクロスゲーム→H2がいいかと。

 

【SPONSORED LINK】
 

まとめ:『タッチ』『H2』『クロスゲーム』はどれもおすすめ

てか、あだち充先生の作品はどれもおもしろいと思う。

最近の恋愛漫画はすぐ『壁ドン』や『あごクイ』ばっかで、おもしろくなくはないんだけど、タッチやH2、クロスゲームのような読者に考えさせる漫画もいいと思うぞ(´∀`=)


まぁ、とりあえずタッチは読むべし!

そして今、タッチの26年後の世界『MIX』が連載中なので、タッチを読んだことがある人は読んでみてください。タッチファンにとっては嬉しいと思います。

 

ではっ!

 

おまけ:あだち充キャラクタークイズが難すぎワロタ 

f:id:sugi18:20171024211342j:plain

 

こんなのがあったからやってみた!

あだち充先生の作品を3つも読んだし余裕っしょ

って思ってら...


f:id:sugi18:20171024211439j:plain

f:id:sugi18:20171024211620j:plain

 

むむむ〜、ちょっと難しくない〜?


まぁ、でもこれくらいならギリ分かるし!

2問目へ。

 

f:id:sugi18:20171024211833j:plain

似ているようで、似ていないね!

髪型がみんなバラバラだから、まぁ分かるよ!!

べ、別にむずかしねーし。

f:id:sugi18:20171024212015j:plain

 

パンチって...見た感じ全部同じやないか!!!!

 

ぶっちゃけていうとね、1問目から中々難しかった。


たった3作品を読んだだけじゃ、あだち充作品を語る資格はないってことね。

おわり(完)